DUOザクレンジングバームを安くお試しする方法を紹介します

duoクレンジングバームの正しい使い方をご紹介

duoクレンジングバームはバーム状という珍しいテクスチャーのクレンジングです。使い方に少々コツがあるので紹介します。

 

正しい使い方をしないと、ニキビや肌荒れの原因にもなるので、しっかり読んでくださいね!

 

@duoクレンジングバームをスプーン1杯取る

付属のスプーン(スパチュラ)で山盛り1杯のduoクレンジングバームを量ります。サクサクとした感じにすくうことができますよ。1回に使うクレンジングの量は意外と多いですよね。
duoクレンジングバームスプーン1杯

 

A乾いた手にduoクレンジングバームを取る

duoクレンジングバームは濡れた手では使えません。水と混ざる乳化という作用が起こってしまうからです。手や顔が乾いた状態で使いましょう。
duoクレンジングバーム手に取る

 

B顔全体になじませる

手の腹を使って、くるくると顔全体になじませます。固形だったテクスチャーが変化してオイル状になり、顔になじませやすくなります。顔になじませにくい場合は、まず手の上でくるくるとバームを溶かしてから顔につけましょう。

 

化粧品の口コミサイトで「duoクレンジングバームを手のひらにのせると体温でとろける」という口コミを見たことがありますが、これは間違いです。本当は、指で押しつぶすことによる、圧力でとろけます。オイル状にとろけると、とっても伸ばしやすくなります
duoクレンジングバーム手に取る

 

Cやさしい力でくるくるとマッサージする

オイル状になったバームを顔全体に伸ばし、上から下へ、顔の内側から外側へ、くるくると円を描くようにマッサージをします。力を入れてごしごしとマッサージをすると、肌に負担をかけ、シワやくすみなどの肌荒れの原因となってしまいます。うぶ毛をなでるようなやさしい力でくるくるしましょう。マッサージの時間は1分ほどが目安です。長時間のマッサージも肌荒れの原因となります。
duoクレンジングバームでメイクを落とす

 

D汚れがたまりやすいところは細かくマッサージする

小鼻、目元、口元など、しわができたり凹凸のある部分はメイクや汚れがたまりやすくなります。そのような部分は、指の腹を使って、細かくくるくる丁寧にマッサージしましょう。このとき、もうすっかりバームはオイル状になっています。力加減とやりすぎには注意して、くるくるしましょう。
duoクレンジングバームを手にとっている

 

Eぬるま湯で20〜30回ほど洗い流す

汚れやメイクが落ちたと感じたら、ぬるま湯で20〜30回ほど洗い流しましょう。熱いお湯や、シャワーの水圧は乾燥の原因となるので、体温より少し低めの温度のぬるま湯をあらかじめ洗面器などにためておき、ばしゃばしゃとすすぎましょう。最初にすすいだ水は白く濁っていると思います。これは、オイルと水が混ざって乳化しているからです。duoクレンジングバームがちゃんと洗い流せているということです。

 

すすぎに使った水がだんだん透明になってくると、オイルも落ちてきている証拠です。わたしは10回ぐらいすすいでも油膜感が残っていましたが、20回以上すすぐとヌルヌルした感じはなくなりました。
duoクレンジングバームを手にとっている

 

すすぎの回数が多くて大変ですが、しっかり洗い流さないと、肌に成分が残ったままで、ニキビの原因になってしまいます。実際、すすぎが足りないせいでニキビができてしまったという口コミをよく見ます。

 

これだけ洗い流すのが大変だと、洗顔フォームを使いたくなりますが、duoクレンジングバームはダブル洗顔不要です。洗顔フォームで洗ってしまうと、肌に有効なうるおい成分まで洗い流してしまうからです。

 

Fタオルでポンポンと水分を拭き取る

ヌルヌルした感じがなくなり、しっとり感は残っている状態がちょうどいいです。タオルでポンポンと水気を吸い取りましょう。タオルでごしごしこするようにしてしまうと、肌を傷つけてしまいます
duoクレンジングバームローズ

 

 

これがduoクレンジングバームの正しい使い方です。duoクレンジングバームの公式サイトにもこの詳しい使い方は掲載されています。次の章ではクレンジングのポイントを紹介します。

duoクレンジングバームの使い方のポイント|ニキビができないために!

これまでの紹介で、duoクレンジングバームの使い方についてわかりましたね。次に、その中でも特に重要なポイントを紹介します。

 

20〜30回よくすすぐ

メイクや汚れとバームをなじませたあとは、20〜30回ほどよくすすぎましょう。この回数は、普通のクレンジングより多いと思います。duoクレンジングバームには、石油系界面活性剤という油と水をなじませる成分が入っていないので、バーム(油)とすすぎの水がなじまず、落としにくいのです。そのため、20〜30回すすがなければなりません。

 

しっかり落としていないと、ヌルヌルと肌に残り、毛穴も詰まってしまいます。すると、ニキビや吹き出物ができてしまうのです。duoクレンジングバームを使ってニキビができた人は、まずすすぎの回数を増やしてみてください。体質のせいで肌に合わなかったという可能性もありますが、すすぎが足りないためにニキビができてしまったということもあります。

 

強くこすらない

duoクレンジングバームで肌使うときはは、うぶ毛をなでるようなやさーしいタッチでマッサージします。ごしごしこすってマッサージしたり、すすいだあともタオルでごしごしこすってはいけません。小鼻など汚れがたまりやすい部分はついこすりがちですが、やさしく力を入れずにマッサージします。

 

力を入れてこすってしまうと、肌を傷つけ、バリア機能を奪ってしまいます。バリア機能とは、肌のうるおいを守る機能で、これが壊れてしまうと肌荒れやニキビの原因となってしまいます

 

この2つがduoクレンジングバームを使うときの、特に重要なポイントです。正しい使い方で、肌荒れやニキビを防ぎ、毛穴すっきりの美肌になっちゃいましょう♪

 

DUOザクレンジングバームの公式サイトはこちら>>>




知らなきゃ損!DUOクレンジングバームお試し500円はお得じゃない